FC2ブログ
この前から頑張っているトノカバーの収納ボックスの表皮のめくれ上がった部分の修理。
昨日からクリップどめしていたところを今朝外してみました。

201707005

なんとか折り返し部分もレザーが付いている感じです。
トノカバーを全て巻き取った状態にして,カバーボックの両方の部品を取り付けます。

ゼンマイが付いているのは運転席側のみなので,まずはカバーの中に巻き取った状態のトノカバーを入れて,ゼンマイがない方から取り付けます。ゼンマイの付いている方は,とのカバーを巻き取る軸の方に穴の向きに合うようにしてはめ込みます。
うまくハマったら,ねじを3本ずつしめたら完成です。

201707006

多少折り返し部分で浮いているところがあったので,ボンドをつけておきました。その間,フロントリップをとめている金具のサビがひどいので,先日買ったサビチェンジャーを塗布しました。

201707002

ご覧の通り,かなりサビサビです(@@;)。でも,1時間ほどで,写真のように黒サビに変換。

201707004

8時間で完全硬化するので,今日の夕方には黒サビの皮膜が完成です(*^^)v。
これで,サビの侵攻は緩和されるはずです。まあ,サビサビになったら,一度全て外して,磨いて塗装するとか完全にやり直すことになりそうですが,当分はこれで様子見とします。

ついでに,運転席側のハンドルの下のカバーを外して,クラッチの稼働部分にシリコングリスを塗布。クラッチを踏み込んだ時のキコキコ音も,軽減しました(*^^)v。

さて,そうこうしていると,ボンドをつけて1時間ほどたったので,トノカバーの取り付けにかかりました。

まずは,トランク側。

201707007

レザーはマルーン色がなかったので,こげ茶です。でも,そんなに違和感はなくできたと思います(*^^)v。

続いて,後部座席側から。

201707009

修理前との比較です。

20170702013

やっぱりめくれ上がっていない方がいいですね(*^^)v。

トノカバーも問題なく出し入れできます(*^^)v。

201707011

201707010

トノカバーを伸ばした状態で,室内から。

201707012

レザーが2190円,両面テープとボンド等で約2400円。費用は,約4500円ほどかかりましたが,結構,いい仕上がりになったと思います(*^^)v。

トノカバー(ケース)の修理が終わったので,ついでに内装をアーマーオールで保護しました。

後ろの席の上あたりを掃除していたら・・・


な,ななんと!!!!

大きな穴が空いているではありませんか?!

20170702015

20170702016

そういえば,随分と前に,後ろの席に内装が割れた破片があったような・・・。その時の破片は,何も考えずに捨ててしまったような気が・・・・。

運転席側は,三角窓の近くの内装にヒビが入っているのですが,とりあえずはそのまま。でも,こちらの方はなんとかしないと少々かっこ悪いかなあ・・・。

内側から,薄いプラ板を当てて,樹脂のパテでも盛るか・・・
うーん,どうしようかなあ・・・。

それにしても,このところ,いろんなところが壊れますねえ・・・。

でも,自分でできるところは工作気分で,少しずつ直していくのも,旧車の楽しみといえば楽しみなのではありますが・・・。
今日は,仕事はOFFなので,ちょっとネットでいろいろ調べてみたいと思います・・・。
関連記事
2017.07.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://supra2000twinturbo.blog114.fc2.com/tb.php/605-48345a58