FC2ブログ
最近,バックドアが閉まっているのに,走行中,ガタガタ音がするのが気になっていました。

ドアについている台形のストッパー,バックドア左右のところの樹脂の部品,ボディー側についているゴムの部品は新品部品のストックを持っているので,そろそろ交換かなあ・・・と思い,調べてみました。

ボディー側の部品は,まだ使えそうなので今回は交換なしで良さそうです。

2017060303

原因は,バックドアの後ろについている台形をした2つのゴム部品。

外して,新品部品と長さを比べてみると・・・

2017060303

相当,短くなってますねφ(..)。

ということで,この部品を交換です。

ところが・・・・外してみて,ショックなことが!!

2017060303

なんと,相当錆が侵攻してきています(@@;)。

磨いて,タッチアップでもしようかと思ったのですが,触るとボロボロ欠けて,穴が結構大きくなってしまいました。

とりあえず,少しでも錆の侵攻を遅らせるためにクレ556を吹き付けておきました。おそらく,バックドアのリアウイングがついている中のあたりは,相当錆ているものと思われます・・・・。

とりあえず,新しい部品をはきちんと取り付けられたのですが・・・。

2017060303

これ以上,穴が大きくなったら,部品が取り付けられなくなるのですが,まあ,その時が来たら,板金屋さんに修理を依頼するか,何か金属の板にもともとあった大きさの穴を開けて,貼り付けて応急処置をするか・・・・しかありません。

何年持つかなあ・・・。

ガタつき具合を確かめるために,ちょっと走ってきます(*^^)v。
関連記事
2017.06.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://supra2000twinturbo.blog114.fc2.com/tb.php/594-4adc4220