FC2ブログ
被災から1週間が経ちました。避難所生活をされている方々も物資がなかなか届かず,たいへんな状況が続いていることに心が痛みます。1日も早く,安定した生活に戻れることをお祈りします。

こちらの地方では,今日はとても暖かい感じですが,東北の方も少しでも暖かくなっていればいいのですが・・・。

ブログもいろいろな意味で更新を自粛されているところも多いですね。そんな中,のんきな話題で更新していたら,叱られそうですが・・・。

遅ればせながらFT86ⅡConceptです。

FT86_2_1

うーん,初代FT86Conceptの方がすっきりしているような気もしますが・・・

FT86_1

ボディカラーがブラックだからかもしれませんが,どことなくバットマンでも乗りそうな感じ(~_~;)。
雑誌で初めてFT86Conceptを見たときは,久々に「これだ!!」って思ったのですが,時間が経ってみると,初代もレクサスみたいなラインも見られ,うーん・・。

いずれにしても,若者をターゲットとした車ですね。特に,FT86ⅡConceptは,ちょっとごちゃごちゃしてきている感じで,出たときはいいけど,すぐに飽きそうは感じもします。ちょっとやんちゃになった印象も受けますね。

supra2000GT_twinturbo

スープラを並べてみると,やっぱりいいですね(*^^)v ←自画自賛

伸びやかなボディーラインにうっとりです(*^_^*)。大人の車って感じです。

今年で我が愛車も24歳になりました。長い間,ずっと維持するにはどうしたらいいのでしょう?とかよくたずねられるのですが・・・。

うーん・・・そうですねえ・・・。

私は,人がなんと言おうと,とことんその車を好きになれるかどうかだと思います。

価値観は人それぞれですが,ぞっこんほれ込むには,まずは「いいものを手に入れる」ということでしょうかね。

当時スープラは最高ランクは,3000GTでした。でも,3リットルの車は当然当時3ナンバーで,年間の税金も2000CCの倍近くはしていましたので,経済的に私には維持できないので,2000を選択。その中でも,ツインターボは最上級車でした。2000のツインカム24や普通の2000のエンジン(グレードで言うと,ツインカム24バルブがGT,ノーマルがGとかいうグレードでした)を購入していたら,ここまで車を維持していなかったかもしれません。

それと,「できる限り,車をきれいにしておく」ことでしょうか。

車が新車のような輝きをしていると,乗っていても気持ちがいいし,車自体にも当然いいです。

それと,スポーツカーは,パワーもそうですが,美しさが命。おっと目を引くものは,一気に注目を集めますが,多くの場合,飽きられるのも早いです。かの有名な2000GTは,実に無駄のない美しい曲線で作られているからこそ,長い年月が経っても飽きられることがないのだと思います。

「美しいものは,シンプル」ですね。(もっとも,シンプルだけど,あの曲線はものすごく複雑なのでしょうけど・・・)

スープラも同じ。

70スープラは,今となっては直線的に見えるボディですが,本当に美しい曲線がいたるところに使われています。

特に,前期型。すーっとしたボディーラインの中に,なんともいえない曲線が巧みに使われているのです。

チューンナップに向かない,非力とか結構悪評が高い1G-GTですが,エンジンも実に美しい形をしていると私は思います。

ボディーもエンジンも,これらをデザインした人の美的感覚が,自分の好きな感覚にぴったり。だから,飽きないのだろうと思います。

維持をするのに,本当は,そろそろ日常の足に使うのはひかえて,週末だけドライブを楽しむような使い方をできればいいのでしょうけど。

ガレージハウスを建てて,スープラをながめながらおいしいCoffeeでも飲めると最高です。
2011.03.19 / Top↑