FC2ブログ
バッテリーを交換しました。

2010.12.8.1

今回交換したバッテリーは,Panasonic Blue battery CAOS 【カオス】N-95D-23L

オートバックスで32,370円(本体30,480円+LifeWINK1,575円+工賃315円)で購入。

以前使っていたBOSCH Mega Power Silver(メガパワーシルバー)MPS-110D26Lは,2007年1月装着だったので,ほぼ丸4年約8万キロもちました。

今回のbatteryは,容量が25ダウンですが,値段が1万円ほど高いです。性能は,batteryの中ではぴか一と思われます。値ははりましたが,今まで装着したバッテリーの中では一番高性能batteryです。

もちろん,今回も,ボッシュ同様に,3年又は10万Kmの長期製品保証もついてます(*^^)v。

2010.12.8.2

バッテリーを寿命まで使い切るためにLifeWinkというバッテリーチェッカーも装着しました。LEDの点滅でバッテリーの状況を伝えてくれます。ボンネットを開いたときに,ナイトライダーのようにLEDが流れながら点滅します(なかなかかっこいいです)。

装着したときに,ダイナモのチェックもしてもらいました。結果は,充電する電圧は正常に出ていたのですが,「リップルが多すぎ」との診断(ボッシュのダイアモチェッカー)。

リップル?って何??

オートバックスの人も,こんな表示が出たことがないので意味がよく分からないとか(分からなくてチェッカーを使っていること自体にも驚きましたが(というより,このメカの人大丈夫かなあ?と思ってしまいましたね・・・正直(~_~;)。バッテリー交換など素人でもできますので,難しいメンテナンスは,やっぱりディーラーに出さないとね。)。

帰ってインターネットで調べてみると,「リップル電流」とか「リップル波形」というのがあって,どうも交流電圧のことのようです。バッテリーは直流なので,交流電流が流れるのはおかしいのですが,どうもそんなこともあるようで,直流が安定していない状態というか,不整脈のような感じなのかなあ・・・。

ダイナモはこれまで3回ほど壊れて,オーバーホールをしているのですが,何か不具合が出ているのかなあ・・・。まあ,発生電圧は正常に出ているので,バッテリーはちゃんと充電できているはず。

まあ,これで激寒の冬でも一発始動(*^^)v。安心ですね。

そういえば,冷え込むようになって,またメーター周りから異音。原因は,スピードメーターのケーブルの老化と思われますが,はっきりはしません。(スピードケーブルは新品のストックがあるので,いつでも交換可能なのですが・・・)。まあ,当分このまま乗ろうと思ってますが,異音が大きくなると,また,春にでも交換しようかな・・・。

今週もやっと金曜日。でも,明日,明後日は缶詰状態で仕事です(~_~;)。
2010.12.10 / Top↑