FC2ブログ
さっそく「初代スープラ」を入手。

122ページぎっしりスープラばっかり出てます(*^^)v。

モーターマガジン社が出している「ジャパニーズ・ビンテージシリーズ」の第6弾みたいですが,この時期にスープラの本が出るということは,ついに注目を集めるようになってきたのかなといい予感(*^^)v。

表紙は,3.0GTのワイドボディ。でも,スープラは,デビュー当時は,2.0も3.0もすべて5ナンバー枠のいわゆる「標準ボディ」だったわけで,この本には,標準ボディの前期型スープラも結構紹介されていてGood!です。

ワイドボディが出たときは,他のライバル車がどんどん3ナンバー枠になりかなりボリュームを持った造形の車が増えてきているときだったので,これも時代の流れとは思いましたが,やっぱりスープラが一番美しいのはやっぱり「標準ボディ」ですね(*^^)v

特に私が気に入っているのは,フロントパネルからドアへの「面」のつながり。フロントパネルだけにボリュームをもたせたために,ワイドボディは,この「面」のつながりが折れたような形にどうしてもなっています(そこがまたボリューム感があっていいと思われている方も大勢いらっしゃるとは思うので,それはそれでOK)。その点,標準ボディは,この面のつながりがスムーズです。

これは,あの美しいボディをもつ2000GTからスープラ3000GTをダブらせて映し出したあの有名な「スープラデビュー当時のCM」を思い出させますね。

まあ,いずれにせよ,スープラの本が出たことに乾杯です(*^^)v。

「スープラ」ますます手放せなくなりますね。どんどん人気が出てくると,ハチロクのように部品を作るメーカーも出てくると予想されるので,メンテナンスなどの面で心配がなくなってきます。

しかし,ハイブリッド全盛になると,はたしていつまで乗ることができるかという心配は尽きませんが・・・。
2010.03.28 / Top↑
スープラユーザーさんのブログを拝見していたら,こんな本が出ているという情報を発見しました!
その名も「初代スープラ」(*^^)v

2010.3.26

これは買わない手はありませんね(*^^)v。

明日,さっそく本屋さんに直行予定です。私の愛車「2.0GT TwinTurbo」も出ている感じ。表紙は3.0GTですが,間違いなく「前期型」。この前期型が表紙に乗っていること自体奇跡のような本ですね。

早くGetして中身を見たいものです。
2010.03.26 / Top↑
トヨタ博物館に行ってきました(*^^)v。

お目当ては,あこがれの2000GT(*^^)v

2010_3_21_1

2000GTは,67年式。とても43年前の車とは思えない造形美です。何時間見ていても飽きない美しい曲線がいたるところにあります。

2010_3_21_2

フロントマスクも実にかっこいい。

2010_3_21_3

お金があまるほどあれば手に入れて毎日ながめていたいですね。

2010_3_21_4

日本車の最高傑作と言っても過言ではないでしょう。リアからのスタイルも格別です。

2010_3_21_5

その血統を純粋に受け継ぐのが我が愛するスープラ(*^^)v。
誕生してスープラも24年が経ちますが,2000GT同様に,何時間ながめていても飽きない美しさがあります。

車は,やっぱり美しくなくてはね(*^^)v。

スープラもいつかトヨタ博物館に展示されるといいなあ・・・。

車検時に,いろいろと部品を交換したので,今回も快適ドライブとなったのですが,気になることも・・・

100キロくらいからブレーキを踏んだときに,ハンドルに振動が感じられることが何度がありました(>_<)。

2年前にブレーキローターを新品に交換しているので,もう寿命とは思えず・・・

ブレーキは,重要部品なので,ディーラーに行って,症状を話し相談してきました。

その結果,ブレーキキャリパーが原因かもとのこと。そういえば,マーシーさんのWebでブレーキキャリパーがうまく作動していないと,ローターを変形させるというものがあったような。

ブレーキキャリパーは,まだ一度も手を出してないところなので,そろそろ寿命が来てもおかしくないところではあるのですが・・・。

それと,気になるパワステ?のうなり。これも相談してきました。

実際に運転席に座って音を確認してもらったところ,パワステではないかも・・・ということで,この前交換したタイミングベルトがきつすぎてもゆるすぎても音がする音があるし,一つ一つベルトをはずして確かめさせてほしいということなので,4月の最初に原因究明のために再入院させることにしました(原因究明にはお金はかからないと思うので)。

スープラの健康管理もたいへんです(~_~;)。
2010.03.22 / Top↑
やっぱり音がしています(-.-)。

今日は久しぶりに早く帰宅したので,ついでに洗車。マーシーさんのブログを見ていると,マーシーさんの愛車の70の整備で高圧ホースを交換されたとか。ウォーンという音はしなくなったと書いてありました。音は,ホースも影響するのでしょうかねえ・・・。今回交換したのは,ポンプのみだし(高圧ホースは2年ほど前に交換したばかりということもあって,ディーラーでもその交換は必要ないとの判断で今回はポンプのみの交換だった),それが原因なのでしょうか??

まあ,音がしているといっても,ポンプを交換する前よりずいぶんと静かにはなっているのですが・・・。(完全にしなくなると思っていたので,ちょっと予想が外れて気になっているのです)

早く帰ったといっても,これからまた仕事。今夜は3時間くらいでやめにしようかな・・・。
2010.03.19 / Top↑
昨日,シュアラスターのエンジンリカバリーを入れました。

オイル添加剤は,エンジンが冷えているときという記憶があったのですが,改めてパッケージを見てみると,「エンジンとオイルがよく温まったところで」と書いてあります。

あれ?

と思ったのですが,まあ,そのとおりに。

このリカバリーという添加剤は,蜂蜜状で寒いときはなかなか中身が出てきません(~_~;)。ということで,熱湯で暖めてから一気に・・・。

期待していたタペット音の減少は,今回はあまり感じられず(-.-)。前回入れたときはアイドリングのときなど,かなり静かになったのですが・・・。うーん,ピストン内部に皮膜ができたら少しは効果が感じられるでしょうかねえ。

まあ,バルブシートあたりからの音と考えると,添加剤では根本的な解決にはなりませんから,今回は,エンジン保護ということで納得することにします。

次回エンジンオイル交換のときは,エンジンオイルの粘度を40か50にあげてみようかなあ・・・。

今夜もまだまだ仕事はあるのですが,明日は出勤が早いので今夜はこれで寝るとします・・・。
2010.03.19 / Top↑
車検に出してずっと洗車していなかったので,水洗いだけしました。今日は,春みたいで洗車も気持ちよかったです(*^_^*)。

ところが,洗車をしていて,エアクリーナーにつながるホースのバンドはゆるんでいるし,シャシーをブラック塗装したのが,左後輪のホイールにはかすかに飛び散っているし(まあ,クリーナーで落ちるとは思うけど,ちゃんとホイールをはずして塗装するんじゃないのかなあ?それとも,塗装する近くにホイールをはずして置いておいたのかもしれませんけど),室内にはネジが2本転がってて,一つは運転席右下のところがネジがはまってなかったという状態。

長年面倒をみてもらっているディーラーなので,クレームはつけたくないのですが,ちょっと最終点検がお粗末かなあと,少々がっかりしました。パワステポンプは,やっぱり少々うなってる感じだし・・・ポンプを換えたら音がしなくなると思っていたのですが・・・。まあ,他もかなりくたびれているので,いろいろな要因で音がしているんでしょうけどね。新車のようには完全にレストアしないとならないんだろうなあ・・・。

それでも,いろいろと交換したので,これで10万キロは安心して乗れるかな。

さて,エンジンフラッシングですが,いろいろと仕事の合間に調べてみたら,賛否両論ですね。

一番目にとまったのは・・・

「フラッシングをして調子が悪くなったり壊れたということはあっても,フラッシングしなくてエンジンが壊れたということはない」

ということです。つまり,強烈に内部を洗浄するものは,シール類を痛めることがあるらしく,オイル漏れを誘発したりすることも十分考えられるとのこと。

進化剤を施行しているお店に,質問メールを出したところ,このお店でもフラッシングはお勧めしていないとのことでした。

そういえば,一度,知人が店長をしているジェームスでフラッシングをしてもらったことが過去にあるのですが,その後,いろいろオイル漏れが起こったような気がします(オイル漏れとフラッシングが直接関係あったかどうかは不明ですが)。

あまり汚れていないエンジンなら,フラッシングしてもよいけれど・・・という記事もありました(汚れていないならそもそもフラッシングなど必要ないのですけどね)。

ということで,気になっていたシュアラスターのウルトラクリーニングですが,使用を見合わせることにしました。

エンジンオイル添加剤も賛否両論で,そもそもオイルは各メーカーが研究を重ねて作っているものなので,効果があるのなら,最初から大きなメーカーが導入するだろうと。言われて見ればそのとおりかなと納得。でも,惹かれます・・・添加剤。

実際,過去にシュアラスターのエンジンリカバリーを3回ほど入れたことがあるのですが,確かにエンジン音は静かになったし,体感できる効果がありました(他の添加剤もいろいろ使ったことがありますが,これほど実感できたのはこの添加剤だけ)。

ということで,今回は,エンジンリカバリーの添加剤をもう1回だけ入れてみようかなと思っているところです。

その後は,やっぱり気になる進化剤。

こちらは,どのWebを見てもかなり実感できるようで,結構効果は高そうです。ただ,値段も高い($・・)/~~~。

おまけに,進化剤って,パワステにも施行できるらしく(お値段は3465円)うなりに聞くならエンジンといっしょに施行してみたいなあ・・・。もっとも,エンジン,ミッション,デフ,それにパワステに施行すると,総額ゆうに3万円超え($・・)/~~~。

しかし,これで新車のようなコンディションが戻るのなら試す価値はあるかなあ・・・。まあ,今は,先立つものがないし,もう少し調べてみることにします。

そろそろ,お仕事再開です・・・。おっと,その前に夕食にしますかね。
2010.03.14 / Top↑
ノスタルジックカーショー フォトコンテスト今日みたら5票入ってました(*^^)v。
昨日からどなたかが票を入れてくださったみたい。
微々たるものですが,順調に票が入るといいなあ(*^_^*)。

今日は朝から缶詰状態で仕事。明日はお天気になるようなので,気分転換に洗車でもしようかなと思ってます。

髪を切りに行った帰りにカーショップによって,シュアラスターのオイル添加剤「ウルトラクリーニング」を見に行ってきました。値段はなんと3500円くらい。(ネットの安いところでは2000円くらいで売っているので,送料を払っても500円くらいネットの方が安いかなあ・・・)

どのくらいエンジン内部がきれいになるのか分かりませんが,試してみたいなと思っているところです。

シュアラスターから同じく,ガソリン添加剤も出ていますね。こちらも気になるところ。使われてた人の評価をもう少し調べてから入れてみようかな・・・。

さて,またお仕事再開です(~_~;)。
2010.03.13 / Top↑
応募したノスタルジックカーショー フォトコンテストですが,まだ身内の投票のたった3票のみ(~_~;)。この調子じゃ,1位はほど遠いですね(T_T)/~~~。

車検から帰ってきたスープラですが,パワステポンプを交換したのに,結構ポンプの音がしています。ポンプを交換すると音は止まると思っていたのですが,リビルト品だからこんなもんなのでしょうかねえ?近いうちに,ディーラーに尋ねてみようと思っています。

タペット音は確かに直っていないないのですが,シム調整をした分,幾分かエンジン音が静かになった感じがします。それに,高かったアイドリングも,「650回転/毎分」で気持ちいいほどピタッと安定するようになってきました(*^^)v。

明日は,金曜日。こん週末は,久しぶりに洗車を楽しもうと思っていたのですが,あいにく土曜日は雨とか。洗車は日曜日までお預けになりそうです(~_~;)。もっとも,土日は缶詰になってしないといけない仕事があって,洗車どころじゃないかもしれませんけど・・・。
2010.03.11 / Top↑
車検が終わって,今日仕事帰りに車を引き取りに行ってきました。

明日から,またスープラ生活が始まります(*^^)v。

今日はびっくりするくらい寒くて,朝から雪模様。車を引き取りに行ったときも,みぞれで路面がちょっと心配だったので,かなり安全運転して帰って来ました。

見積もり以外の部品もあれこれ交換がありましたが(何を交換したのかは,またの機会で),いい仕上がりです。スープラは,運転していてやっぱり楽しいですね(*^^)v。

これで,また今週末から車磨きが楽しめます。
2010.03.09 / Top↑
スープラが帰ってきます(というか,取りに行きます。予定ですが・・・)。

ディーラーは8時までしか営業していないので,仕事が終わったら即効ディーラーに向かう予定です。

いろいろ部品をリフレッシュしてるので,早く乗りたいですね。

代車を返さないといけないので今日仕事帰りにガソリンスタンドへ。300キロくらい走ったのに21リッターほどしか入りません(スープラの2倍近くの燃費ですね。いいなあ・・・ガソリン代があまりかからないのは)。

Nostalgic Heroを読んでいると,ハイブリッド車の増加でガソリンスタンドがどんどん閉鎖されてきているらしい。
そのうち,ガソリンオンリーで走る車(特に旧車)に乗り続けることが非常に厳しくなるとの記事がありました。
リッター8キロ前後のスープラに乗り続けるのは厳しい時代がもうそこに来ているんでしょうねえ。

2000万円も出して2000GTを購入した人など,これからどうするんだろう?って思ってしまいますが,スープラは,そのうち車庫で永久保存という時代も来るのでしょうか・・・。

今日は,風邪気味で,定時退社。夕食を食べたら風邪薬を飲んで即効寝るとします。

そうそう。昨日投稿したスープラの写真がUPされていました。
ノスタリジックカーショー フォトコンテスト

もしよかったら,そのページで投票ボタンをクリックしてくださいね(*^_^*)。
現在,自分がクリックした1票のみで26位です(~_~;)。
2010.03.08 / Top↑
電話で確認したら,スープラの車検整備はほぼ終わったようで,火曜日には引き取りに行けそうです(*^^)v。

カムカバーパッキン(ガスケット)の交換をする際に,シム調整もしてくれたようですが,タペット音の解消には至らなかったそうです(>_<)。

そういえば,シム調整が狂ってくる原因は,バルブシートの磨耗も考えられるというのを読んだ記憶があるなあ・・・。どうも,長年の走行で,もっと奥の方,つまり,バルブとバルブ台座が触れるところにあるバルブシートもしくはバルブ自体に磨耗があってクリアランスが大きくなっている可能性が高いのかもしれません。

もっとも,ここまで調整するとなると,エンジンヘッドのオーバーホールに近いので,今回は予算的にパス。

限界まで回すこともほとんどないし,34万キロなのであんまりカットばさないようにして大事に乗るとします。

Nostalgic Heroなどを読んでいると,旧車はかなり高い粘度のオイルを使っている感じですよね。次回のエンジンオイル交換から少し粘度の高いオイルを使うようにしてみようかな。

ずっと気になっている「進化剤」なのですが,バルブシートの磨耗による音だとすると,それが解消されるのは難しいのかなあという気もするのですが,物理的にオーバーホールするお金もないし,当分は,オイル&添加剤などでメンテナンスをしてやることになりそうです。
2010.03.07 / Top↑
仕事の合間にちょっとWebを見ていたら,ノスタルジックカーショーフォトコンテストというのがあることを知りました。
写真は,新旧問わないというので,既にホームページとかでUPしている写真なのですが,80ヒーローの取材を受けたときに撮影していただいたカメラマンさんに撮影のこつとかをちょっとだけ教えていただいて,自分で撮ったこの写真を応募してみました。

Nostalgiccar_supra


取材にこられたカメラマンさんは,70スープラの形は完成されているので,部分をとるのが難しいといわれていました。

「完成美」とでもいうのでしょうか。

ホームページでは,その難しいといわれている部分写真ですが,こんな角度から撮影したものもUPしています。

supra_2007_1

これも応募してみようかなあ・・・。

いずれにしても70スープラ。この美しいスタイルは,やっぱり最高ですね(*^^)v。
2010.03.07 / Top↑
朝5時から仕事中。この土日は缶詰状態になりそうです。

気分転換に書き込みを・・・

車検に預けたスープラ。ディーラーからぜんぜん連絡がありません(~_~;)。交換部品も多いし,3月は車検を受ける車も多いから忙しいのかもしれません・・・。

早く戻ってこないかなあ・・・。

車検から帰ってきたら,進化剤を導入したいところですが,その前に,シュアラスターの添加剤で,エンジン内をクリーニングしてくれる添加剤があるので,それを先にしておこうかなと思っているところです。

気は乗りませんが,コーヒー飲んでまた仕事再開です・・・。
2010.03.06 / Top↑
連日,職場は戦争?状態です。疲れます・・・。

今夜も山ほどやることはあるのですが,寝るとします・・・。しかし,こんなに疲れているのに,いざ寝ると,2時間おきくらいに目が覚めるんですよね・・・。悪いルーチンに入ってる感じ。なんとかせねば・・・。
2010.03.02 / Top↑