FC2ブログ
今日仕事が休みなので,スープラをディーラーに預けてきました。


エンストの原因を探って,修理をしてもらうのが主なメニュー。今年中にはなんとかめどが立つといいのですが・・・。


パワステポンプもうなってきてるので,リビルト品に交換予定ですが,もちそうなら3月車検のときに回すかも。


半月ほど前から,スピードメーターの裏からキュルキュルと音が。今日は,メーターの針の触れもかなりひどく,ディーラーの話では,ケーブルで直ればいいが,メーター本体の可能性もあるとか。そうなると困るのが,オドメーター。「0」に戻ってしまうと,33.5万キロ走ったということがメーター上では見えなくなってしまいます。もっとも,スピードメーター自体の交換となったとしても,果たして部品があるかどうか・・・。


旧車の維持で一番困るのが,部品の欠品。外装パーツはかなりものがもう生産中止になっているし・・・。とりあえず,ディーラーがいろいろ調べてくれることになっているので,当分,代車生活の始まりです。
2009.11.30 / Top↑
プラグを換えても直接的な改善にはならないだろうけど,イリジウムに交換して9万キロ近く走っているので,来週の月曜日に車をディーラーに入院させることにしました。


エンストの原因を追究してもらうのが今回の入院の大きな目的なのですが,今夜は帰りにアクセル全開にしてもエンストは起こらず・・・。症状が出たり出なかったりが一番ディーラーも困るようで,今回の入院で原因が分かるかどうか・・・。


パワステポンプの交換もしたいのですが,タイミングベルトを交換するときに一緒にしたほうが工賃が安く付くだろうから,車検までこちらは延期予定。メーターまわりの異音(スピードメーターのケーブル?)も気になりだしたので,それも修理したいところ・・・。


しかし,まずは,エンスト症状の原因究明だな・・・。
2009.11.26 / Top↑
ワイパーゴム(PIAA超強力シリコート)に換えて,初めての雨天走行。


あれほどびびっていたワイパーがうそのようにスムーズになりました。もちろん,ガラスには撥水剤を塗っている状態でのこと。


久々に2日間で650キロほど走りました(燃費も高速中心だったので,11.9キロ/リッター。久々に12キロ目前の数値がでました!!)。


この間,フルスロットル状態をせずに走行すれば,エンストは起こらないのですが,やっぱりアクセルを床まで踏み込むと,シフトチェンジするためにアクセルオフ+クラッチを切るとその瞬間にエンストすることがあります。


やっぱりスープラを近々入院させるべきかな(もっとも,2年前も長期入院をさせたものの,ディーラーでは,原因を突き止めることができなかったのですが)。


明日にでも,いつも見てもらっているディーラーに相談してみようかなあ・・・。
2009.11.22 / Top↑
Webをいろいろ見ていたら,上り坂でエンストする場合は,燃料ポンプが怪しいらしい。


エンストを起こすのは,多くの場合,アクセルを思いっきり踏んで,シフトチェンジするときにクラッチを切った瞬間ということだけは,はっきりしているんだけど(それも,いつもなるとは限らないので始末が悪い)。そういえば,寒くなると発生しやすいような気も・・・。


とりあえず,イリジウムプラグに交換して約8万5千キロ走っているので,10万キロはまだきていないけど,プラグ交換(今度は,純正の白金プラグに戻すつもり)をしてみようかと思っているところ。


2年前,かなり長期にわたってディーラーに預けたけど,原因は未だつかめず。3月に車検だけど,それまで待てないかな。
2009.11.19 / Top↑
来週も雨が続くようなので,ワイパーゴムを交換しました。


ブレードは既にPIAA製に交換しているので,今回はゴムのみです。(オートバックスで購入。ゴムだけでも3本で4000円近くかかります(~_~;)。)


PIAA
(写真はPIAAのページのものです)


スープラは,運転席が8番(475センチ),助手席及びリアが7番(450センチ)です。


取替えは簡単。説明書にしたがって交換すれば5分もあればできます。新品のゴムは表面のコーティングが銀色に光ってます(今使ってるのもシリコン系だったのですが,新品と比較するとコーティングがやっぱり落ちている感じ)。


これでびびりが解消されるといいのですが・・・。


ついでに,プラグコードのクリップが割れていたので,ストックしていた部品に交換しました。


2009.11.14.01


2個所交換です。


2009.11.14.02


2009.11.14.03


ついでにシリコンコードも掃除をしてみたのですが,まだ汚れていますね(~_~;)。


プラグがそろそろ寿命で悪いのかもしれないけれど,今日ガソリンを入れて燃費を計算したら8.4キロ/リッター(>_<)。静電気防止のために取り付けていたフューエルバンクEVOⅡ。取り付け場所によって効果が異なるという記事を昨日見たので,ついでに取り付けポイントも試しに変えてみました。


2009.11.14.04


ガソリンが月曜日から10円ほど高くなりそうなので,効果があるといいのですが・・・。
2009.11.14 / Top↑
今日は通勤の行き帰りに何度もエンスト(>_<)。


プラグがそろそろ10万キロなのでそれもあるのかもしれないけど,車検が3月なのでそれまでこのまま換えずに乗ろうと思ってるのですが・・・。


エンストの原因は,さっぱりわからないのですが,4年ほど前にイリジウムに換えてから後この現象が起こり出した(換えた直後ではないので,それも原因ではないかもしれないのですが)ので,今度は純正の白金プラグにしようかなと思案中。


ワイパーのびびりもひどいので,つい先日コンパウンドをかけて撥水コートを落としたものの,今日それで雨の中を乗ってみると,撥水されたガラスになれているので,非常に見えずらい事この上なし(>_<)。


で,結局,またコートをしました(またびびるのですが・・・)。


ワイパーのゴムも痛んできているのかもしれないので,明日かあさってにオートバックスでも行って,ワイパーゴムを買って交換してみようかな・・・。


それにしても,エンスト・・・困ったものです。


スロットルボディなのか,センサー類なのか,燃料ポンプなのか,インジェクターなのか・・・。


快適な状態に戻すには大掛かりな修理が必要なのかなあ・・・。「進化剤」を試すどころじゃない感じです・・・。
2009.11.13 / Top↑
昨年,初めて見学に行った「まちかどクラッシクカーミーティング」。
今年は,会場をバラ園に変えて総勢100台が集合。


2009.11.8


大会前,このBlogを見られた実行委員会の方から,ありがたくエントリーのお誘いを受けたのですが,終日参加するlことが難しかったので,エントリーを断念。1時間ほどだけ見学させていただきました。


お目当ては,なんと言っても2000GT。加賀の自動車博物館や四国の自動車博物館では,こんなに近くによって撮影することができないので,おもわず何枚もシャッターを切ってしまいました。


2000GT_1


美しいラインをしています。旧車の雑誌では,形があるだけで,現在1500万円とか。レストアしているものは,ゆうに2000万円を超える車。後にも先にも日本が誇るスーパーカーですね。


私の乗るスープラは,1987年製。トヨタ2000GTから言えば,孫みたいなものかな。でも,スープラは,デビューした1986年には,「トヨタ3000GTスープラ」と言って,2000GTとダブらせてCMが作られていました。


supra


こうしてみると,22年も経つ私のスープラがずいぶんと新しく見えます。でも,並べてみると,2000GTの面影をどこか受け継いでいる感じですね。


さて,次は2000GTのエンジンルーム。


2000GT_2


YAMAHA製の名機です。3連キャブレターとタコ足がかっこいいですね。エンジンのタペットカバーの結晶塗装もまだ現役を保ってます。


リアビュー。


2000GT_5


特徴はサイドマーカーでしょうか。テールランプの銀色の塗装もまだきれいです。


純正のマフラー。


2000GT_6


2000GTは,まだ純正部品が出るとか。ここまで有名になるといろいろなところが部品を作ってくれるので,返って維持はしやすいのかもしれません(もっとも,通常の値段ではないでしょうけどね)。


室内も撮影させていただきました。


2000GT_3


ウッドパネルが泣かせますね。

このメーターの配置やコンソールの形(L型)も,私のスープラも色濃く受け継いでいるのが分かります。


有名なエンブレム


2000GT_4


私のスープラは,前期型なので,フロントに同じような七宝焼きのエンブレムが付いています。


supra2


色もそっくり。やっぱりスープラは,2000GTを色濃く受け継いでいるのが分かりますね。


来年もしエントリーできたら,この2000GTと並んで展示してもらえるとすごくうれしいですね。2000GTと2台並んで撮影できると,すごい記念になります(まあ,無理かなあ・・・)。


さて,次は,マツダキャロル360(昭和42年式)。車の周りには,何やら写真やらトロフィーやらがいっぱいです。


carol


なんとこのキャロル。ワンオーナーで42.8万キロを走破してなお現在も現役!!マツダ自動車からも表彰を受けた模様です。360CCの軽自動車でこれは驚異的としかいいようがないでしょう。私の車も33.5万キロ走破しているので,こういう方がおられるというのは,頼もしいですね。


続いてこちらも名車中の名車。スバル360です。お隣の香川県からのエントリーのようです。


subaru360_1


ナンバーも当時のままのようでこちらもワンオーナーでしょう。


エンジンルームもピカピカで,レストアがなされています。


subaru360_2


珍しいコンバーチブルもありました。


subaru5


こちらは,ナンバーがないのでオーナーさんのコレクションかな。


subaru_3


中古市場でもレストアしてあるものは,100万円くらいするスバル360.一度は乗ってみたい車ですね。


subaru_4


続いてはこれまたZオーナーの羨望のまなざしを受ける「Z432」。Zの中でもあこがれの名車です。


z432_2


その名機,エンジンの写真も撮らせていただきました。


z432_1


近くで見たのは初めてなのですが,いつも見ている自分のスープラの1G-GTEUとは違って,ずいぶんエンジンルームがガラガラというか空いているのにびっくり。でも,4バルブ3キャブレター2カムのエンジンは,見ごたえがあります。(肝心のボディを取り忘れてしまいました。)


z5


こちらは「ダットサン」の文字がまぶしい初期のフェアレディ。かっこいいですね。年を重ねてこういうオープンカーに乗れると最高の幸せでしょう。


z3


こちらは色違いのZ。手入れが行き届いています。他にもZが数台。


z2


z4


Z1


やっぱりスポーツカーはかっこいいです。


cosumo2


コスモスポーツも何台か展示されていました。


エンブレムの文字もなかなかかっこいいです。


cosmo_1


そのほか,スカイラインGTR,シルビア,ピアッツア,ギャランGTOなど,時間があれば1日中ながめてもあきないほど名車がいっぱい。


gto


piazza


駐車場にも,県外ナンバーの車がぞくぞく入ってきていて,駐車場をながめていても結構楽しめました。これも珍しいN360.まだ十分現役で走っているようです。


n360


いすずべレット。となりはRX7ですね。


berette


ケンメリも見つけました。


kenmeri


こういう旧車のイベントが,近くであることはうれしいことです。町おこしのイベントですが,来年も再来年も開催されることを祈ってます。


来年は,やっぱりエントリーしてみようかなあ・・・。
2009.11.08 / Top↑
なんとかならないものかといつも思うのが,ワイパーのビビリ音。
ビビリがすくない撥水コートを使っているものの,今日は特にビビリ音がひどい。


インターネットでいろいろ調べていると,ワイパーのゴムの老化もその要因になるとは書いてあったが,一番症状が改善できる可能性があるのが,ワイパーの軸のねじれを正常に戻すことらしい。書いてあったとおり,ちょっとやってみたが,症状は改善されるどころか,ひどくなった感じも。


撥水コートをしないとびびらないので,何度も塗るのをやめようと思ったこともあるけれど,一度撥水の見易さを味わうと,なかなかコーティングをしない状態に戻しにくいのが正直なところ。

明日から,また晴れるようなので,来週は,ワイパーを使う日はそんなになさそうな感じだけど,なんとかいい方法はないものかな。
2009.11.01 / Top↑